手のくすみや黒ずみの原因には主に3つ!白く透明な手に

手は紫外線を浴びやすく、家事で手荒れをしやすい部位です。手がガサガサ、くすみがち、と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。しかし、ハンドクリームを使ってケアし続けていれば、白く透明な手に近づくことが期待できます。

手

手のくすみや黒ずみの原因には主に3つあります。

すっぽんサプリメントで対策することも可能です。

すっぽん小町

1つめは紫外線です。

手は洋服などで覆われていないため紫外線を浴びやすい部位です。洗濯ものを干すわずかな時間でも、毎日浴び続ければくすみにつながります。紫外線の影響を防ぐために日焼け止めを塗りましょう。

くすみができてしまったらビタミンC誘導体を配合したハンドクリームでケアをします。ビタミンC誘導体にはメラニンの生成を抑制する作用と、できてしまったメラニンを薄くする働きがあります。

2つめのくすみの原因は乾燥です。

乾燥すると肌のキメが乱れて透過性が低くなりくすみます。乾燥の原因には、洗剤によって肌のバリア機能が低下して肌内部の水分が蒸発しやすくなることや、熱いお湯で食器洗いなどをして肌に存在する潤い成分が流されてしまうことです。
乾燥が気になる場合は、ヒアルロン酸やセラミドを配合したハンドクリームでケアをします。水仕事をしたら必ずつけるようにします。水場のそばにハンドクリームを置いておけば、つけ忘れしにくいです。

3つめの原因は古い角質の蓄積です。

古い角質が蓄積すると、熱くなった角質で黒ずんで見えるようになります。ターンオーバーが遅れているため、できてしまったメラニンも排泄されにくくなります。

古い角質を取り去るのに効果的なのがピーリングです。AHAが配合された石けんで手を洗います。ピーリング後は肌が乾燥しやすいので、保湿作用があるハンドクリームを使って保護をしましょう。

また尿素配合のハンドクリームにも角質を柔らかくして、古い角質をはがれやすくする働きがあります。尿素には肌に存在する保湿成分の天然保湿因子のように働く作用もあります。しかし、角質が薄くなって乾燥しやすくなることもあるので、肌の様子をみて使用してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする