若い時にやってはいけないニキビケア

学生の皆さん、ニキビに悩んでいませんか?

若い時のニキビは、多かれ少なかれ、誰しも経験するものです。そんな時に、皆さんは様々な方法を取って対処すると思います。しかし、インターネット上で書かれている対処法は、間違いも混ざっていることが多いです。

そこで、今回はやってはいけないニキビケアを取り上げて行きたいと思います。まず、1つ目は、ニキビが出来たら、すぐに潰してしまう方法です。これは、潰れたニキビ跡が残ってしまうため、絶対に行ってはいけません。

また肌はとても敏感なので、赤くなったりすると、普段の生活にも影響が出ます。確かに潰すのは楽しいかもしれませんが、後々のことを考えると、控えるべき行為です。2つ目は、間違った施術をする皮膚科に行くことです。先ほど挙げた、ニキビを潰す行為を、施術だと言いながら行ってくる医者も存在します。初回診療時にそのように説明されたり、実際に行われたりしたら、その後は近寄らないようにしましょう。

医者の行うことだから間違っていないという考え方は大きな過ちです。未だにそのような医者は存在するので、肌に直接刺激を与えないような、正しい施術を行ってくれる皮膚科に行きましょう。3つ目は、ストレスを溜めないことです。

例えば、よく、ニキビを減らすには油物を食べないとか、ジュースを飲まないだとか、食事の制限を勧める人が居ますが、行きて行く上では油物は多少は取らなければいけないですし、その事によってストレスが溜まっては、ニキビのもとになって本末転倒です。

少しの制限は良いですが、全く食べないなど、行きすぎた我慢は控えましょう。以上3つのポイントを今回は紹介しました。基礎的なことではありますが、これらを頭に入れておくと、ニキビ予防に役に立つでしょう。しかし、本当に大切なのは、自分に合ったニキビ予防を見つけることです。ニキビ予防の薬品でも、使わなくても自然と治る方もいれば、使ったら治った方や、使うとひどくなった方も存在します。ニキビ予防は千差万別なので、若いうちに、自分に合ったニキビ予防法を見つけることが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする