コーヒーは美白の敵じゃない!ポリフェノールの効果とは?

仕事の合間にコーヒーを飲む人は多いです。コーヒーはちょっとしたリラックス効果もあるので男女問わず口にします。見た目には黒いコーヒーですが実は美白効果がある事が分かっています。ここではコーヒーの美白効果について知りましょう。

コーヒーは美白の敵ではない

コーヒーが美白に効果があると言えばそれが違う、と思う人もいます。それは、カフェインは色素沈着を起こすと言われてきたからです。しかしコーヒーに含まれている成分はカフェインの他にもポリフェノールがたくさん入っています。

コーヒー1杯あたりに含まれるポリフェノールの量はカフェインよりも多いです。そのためコーヒーには美白効果があるのです。

ポリフェノールの効果

ポリフェノールには強力な抗酸化作用があります。シミができてしまう大きな理由には紫外線の影響があります。紫外線を受けると体内でたくさんの活性酸素が生成されます。活性酸素は肌細胞を攻撃する事から、これらの肌細胞を守る目的でメラニンが生成されるのです。

メラニンが生成され続けるとやがて排出する事が困難になります。すると蓄積していきシミなります。したがって活性酸素がたくさん作られなければシミも出来ないのです。コーヒーに入っているポリフェノールには抗酸化作用がある事から活性酸素の働きを制御できます。

活性酸素の働きが弱くなればメラニンが作られる量は減っていきます。この事からシミの予防になり美白効果を期待できるのです。

ですが、美白になるという事はコーヒーだけを飲んでいても難しいです。飲む事で美白効果はありますが、その他にも自分に合う化粧品を使うなどトータル的に美白ケアをしていく必要があります。今まではコーヒーは美白の敵になるというのが定説でした。しかし、実はコーヒーに含まれる大量のポリフェノールのおかげで美白効果があると分かったのです。

仕事の合間でも家でのリラックスタイムにでも飲むようにするといいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする